2013年7月13日土曜日

7/13 鳴門ジギング

6月は、諸事情により船に乗れませんでしたが、釣り自体は楽しんでました。

自転車にロッドホルダーをつけてみたり
GMロッドホルダーをインシュロックでフロントフォークに固定

娘と釣りをしてみたり

小さいゴマサバ

そして、7月
久しぶりに、鳴門にジギングに行きました。
狙いは、サバ・・・・でしたが、既に鳴門海峡を通過済みらしく
マダイとハマチ・メジロ狙いに変更です。

結果
マダイ:30cm、1個体
アジ:20〜30cm、9個体

他に、ガシラやマダイを頂きました。

ダイジェスト

M本さんをピックアップして、現地でタルっちさんとNoriさんと合流しました。
今回の釣行はこの4名貸切で、のびのび釣りができます。

まずは鯛ラバから始めました。
風もなく船は潮流に流されながらポイント上を通過します。
船長を始め、皆さん釣り上げますが、こちらは異常なしです。
カサゴマンションも通過しましたが、自分一人だけ当たりなし。

さてさて困ったことになりました。
使っていたルアーは自作鯛ラバ
釣れいた鯛ラバはビンビン玉
やはり、高いルアーは釣れるのか・・・

嘆いてもしょうが無いので、ネクタイがより動くようにタイ鉛を12号から15号に変更です。
Noriさんが釣り座を変わってくれました。
すると、2フォール目であっさりヒット。
慎重にやり取りして、30cmのマダイを確保です。
ふう。よかった。

マダイの後は、ハマチ・メジロを狙いに行きました。
ポイント到着後、ジグをしゃくり始めましたが、あまりの暑さに汗が止まりません。真夏のジギングは、たとえ100g以下でも体に堪えます。
水深は30mぐらいなので、キャストからの斜め引きを繰り返しましたが、根がかりのようなアタリでジグをなくしただけで、釣れません。

しばらくは、ジギングで頑張りましたが、M本さんが、ジギングで立派なアジを釣り上げた後、アジ狙いのサビキに仕掛けを変えました。

せっかく用意したサバ用サビキが無駄にならなくてよかった。
アジもなかなか難しく、反応は上から下までびっしりなのにサビキに食って来ません。
ヒットの傾向としては、
1.高速フォール+ステイ
2.ロングステイ
3.微速巻き上げ
でした。
あまり大きく誘いをかけると、ヒットしても口切れして、バレてしまいました。

今回は、暑さにまけてサビキに逃げてしまいました。心理的にはこんなかんじです

”釣りするだけで、楽しい。釣れるともっと楽しい(たとえそれがサビキでも)”

かつてオニカサゴを釣ったことがある思い出の海域は、相変わらず豊かな海でした。
Noriさん、タルっちさん、M本さん、誘ってくれてありがとうございました。
また船上で会いましょう。


ローテーション
フラフラ:自作鯛ラバ12号→15号(マダイ)→ブランカ150+サビキ(アジ)
オフショアライト:キャスティング自作鯛ラバ12号→サクリファイスベイト60(ロスト)→カプリス100

鯛ラバは自作なので、根がかり覚悟で底を攻めましたが、ロストなし。そんなもんでしょう。



GyoNetBlog ランキングバナー

0 件のコメント:

コメントを投稿