2012年8月27日月曜日

鉛スッテ改良

明日からも出張のフージーです。

先日のマイカゲーム。中オモリ+エギで押し通し、数は取れませんでしたが、とても楽しかったです。

途中、少しだけ鉛スッテをやってみましたが、ナスオモリを上下しているような感覚になってとても釣れる気がしない。
ので、リーダーに浮スッテを枝として付けると、浮スッテばかり2個体釣れました。

やはり、スッテは横を向いてないと釣れそうにありません。

なので、鉛スッテを改良

この辺りが重心。アイスジグみたい。
キャストからのフォールだと、ラインのドラッグがあるのでもう少しアイの位置を前にしたほうが
よさそうです。
あとは、糸ヨレの問題が出そうです。次、試してみよー

GyoNetBlog ランキングバナー
他のアイディア
・タイ鉛(鯛ラバヘッド)+浮スッテ
・一つテンヤオモリ+浮スッテ
・ヘビーダウンショット+浮きスッテ(これっていつもの豊後スッテ)
・浮きスッテ+お腹にシンカー
・スズDEスッテ(軽くて漂う)←ダイワですでに作ってた。

2 件のコメント:

  1. 赤銅おやじ2012年8月30日 20:48

    いろいろ考えるのは楽しいもんですね。
    考えすぎて行く前にお腹いっぱいになりそうです(笑)
    私も次はイカジギング(ジグ単体でリアトリプルフック)で
    やろうかなと思います。

    返信削除
    返信
    1. 赤銅おやじさん
      すでに くコ:彡 で頭がいっぱいです。仕事が手につきません >°))))彡
      鯛ラバヘッドが3kg以上ストックしているので、なんとか有効利用したいところです。
      イカジギングの場合、カンナのほうが刺さりがよさそうですが、ジグへの装着に、加工が必要そうです。
      コメントありがとうございます。

      削除