2012年4月7日土曜日

4/7 ボートショー行ってきました。

西宮で開催されたボートショーに行ってきました。いろいろ聞いて、見た感じ、気に入ったのは
ヤンマーのEX33です。価格はだいたい2千万円!!天井が高くて快適!!!
ヤンマーの人は、完全な冷やかしなのに、熱心に説明してくれて、おまけに帽子までもらいました。申し訳ない。ついでに、マツダの低圧縮ディーゼルエンジンを搭載するようにお願いしておきました。

各社の船が勢揃い
トヨタ ポーナム
アルミハルでのり心地が良い(らしい)

ゾディアック
海軍や海難救助で大活躍
ヤマハ SRV
バウデッキが広くて釣りやすそう
ニッサン ウイングフィッシャー
価格と性能のバランスが取れている
エンジンもホンダ製だし
試乗はニッサン サンキャットにしました。カタマランは直進性や安定性が高い代わりに、回頭性スパンカーが効きにくいらしいです。代わりにエレキを使うらしいです。ローリングも少なめです。
フルスロットルだと、速ーい。
ニッサン サンキャット
双胴船(カタマラン)独特の乗り心地
引き波も小さくてまわりへの影響が少ない
プレーニングにすぐに入る
他にも、スズキのエグザンテやヤンマーのトップランなど、魅力的なボートがたくさん展示されてました。
帰る頃には、売約済みのボートがありました。展示会に出かけて家を買うような感覚ですかね?


佐藤統洋さんのジギング講習会は、まあ、その、ボートを買いに来たお金持ちの風のおじいちゃんが話の腰を折るし、いきなりの質問が針の研ぎ方という細かい内容だったりしたので、佐藤さんも大変そうでした。
ボート試乗が終わって、帰るまえに、エバーグリーンのブースにいた佐藤さんにPEラインの寿命について質問しました。コレがきっかけで、他にも、アシストフックの作り方とか、釣り座による戦略の立て方、潮の流れない日本海で潮が流れる条件などなど、結局3時間ぐらい話し込んでしまいました。
そのあと、一緒におられた久保浩一さんともいろいろ話して帰りました。
二人とも、とてもフレンドリーで親切でした。
おみやげとしてアングラーズサポートサービスの根付糸や金龍針の試作品などなどをもらいました。

駐車料金がかかりましたが、いろいろもらえてよかったよかった。

おまけ この猫は相変わらず逃げる

0 件のコメント:

コメントを投稿