2011年12月5日月曜日

ラインローテーションPE2号

ラインローテーションのうち、PE2号についてまとめます。

前提条件
主な釣り方と必要なライン+リール

  • タヌキ狩り、ジギングミディアムクラス(PE#2.0 300m、シーラインLD300-2)
  • ジギングミディアムクラス(PE#2.0 300m、ブラディア4000)
  • キャスティングミディアムクラス(PE#2.0 200m、バイオマスターSW4000)
PE2号における最適解を以下に示します。
模式図(ー:50m)
ーーーーーー 新品(リール:シーラインLD300-2)
ーーーーーー 100m痛む(赤が傷んだところ)
      ↓
   ←←
 ↓
ーーーーーー 前後入れ替え(リール:ブラディア4000)
ーーーーーー 100m痛む
      ↓
   ←←
 ↓
ーーーーCUT 前後入れ替え+切断(リール:バイオマスターSW4000)
ーーーー   100m痛む→破棄

交換頻度
PEPETの場合:1年に2回(4月と9月)、1年半ラインを使う。
PEの場合:1年に1回(4月)、3年間ラインを使う。

PE2号の場合、スプールに余裕ができるが、この余裕は、リーダーに割り当てる。



GyoNetBlog ランキングバナー

0 件のコメント:

コメントを投稿