2011年10月23日日曜日

アシストフック作り方

自己流のアシストフック作り方です。
必要な道具が少ないシンプルなアシストフックが好みです。あと、色々な長さのアシストフックを作って実験中です(実験のためには、釣行回数と釣果が少なすぎますが)。


作り方は、
1.ハリスとフックの接続
2.リングの装着
3.完成
になります。

なお、見本は、以下の材料を使用してます。
ハリス:シーハンター25号
フック:船ヒラマサ16号



1.ハリスとフックの接続(最強結びの解説)


まず、ハリスをフックの軸に沿わせ、フックを重ねます。

ハリスで輪をつくり、写真のようにハリスの先端をフックの手前に重ねます。


(ここポイント)ハリスの先端を一回、フックとハリスを巻き込むようにくぐらせます。

輪っかの左側のハリスで、フックの軸とハリスの先端を巻きます。
写真↓は半周終わった状態
ぐるっと一周↓わかりにくくてすいません。

3回ぐらい(本当は4回だけど、シーハンターゴツイので省略)巻きつけます

手で、形を整えながら、ハリスの両端をもって締め込みます。

結び目の位置をフックの叩きの部分に移動させ、プライヤーで締め込みます。
(写真では、ずれてます)

注意)反対側も同じようにフックを結び、締め込みます。
このとき、手で持つと、フックが手に刺さるので(Σ(゚Д゚ υ) イタ!!)、
はさみにフックを引っ掛けて締め込みます。


2.リングの装着(締め込み方により、お互いの針の向きが調整できます!!)

リングをつけて、締め込みます。
この時、はさみにフックをかける方向で、針の向きを調整します。
締めこみはスプリットリングプライヤーをリングに引っ掛けると楽です。
思いのほか伸びると思います。


3.完成
締め込み確認と余分なハリスを切って完成です。

4.その他のヒント
・今回のアシストフックを作るのに使ったシーハンターは18.5cmです。
・最強結びには、おおよそ7cm必要です。
・ジグへの抱きつき防止のため、気持ち段差をつけます。
・ハリスの長さは、リングをくぐらせる回数で調整します。
・シングルフックにするときは、もやい結びでリングに直接結びつけます。
・ハリスの長さは、1cm以下にできません。
・1cm以下にしたければ、環(カン)付きのフックに、スプリットリングを直結です。

以上アシストフックの作り方でした。M本さん参考になりました?

0 件のコメント:

コメントを投稿