2011年7月13日水曜日

釣りは、ストレス発散?収束??累積???

趣味の釣りが復活して2年。

結構ボウズが多くて、多少のボウズでは、へこたれなくなってきました.
最初は、釣れないと疲れるし、お金もなくなるしストレスが溜まったような気がします。
釣りは、ストレスを発散なのか?それとも貯めているのか?と言われてました.


オフショアデビューは、鳴門の鯛ラバ(10月)
・カサゴ
オニオコゼ(毒、美味)!!
・マルアジ

次は、丹後ジギング(1月)
・ハマチ多数

次も丹後ジギング(4月)
・ボウズ

次も丹後(4月)
・ハマチ×4


次も丹後(5月)
・メジロ×1

次で玄達(6月)
・ボウズ(ダメージ大)


玄達遠征は、遠征に行ってのボウズなので、疲れと出費でとてもがっかりしました。
しかし、これ以降、不思議とボウズを恐れなくなり冷静でいられるようになりました。

上記のとおり、へっぽこ釣り師なので、このブログ見た方は、釣果結果は当てにしないようにお願いします。

2 件のコメント:

  1. 釣りはストレス発散ですよ。
    釣れるも釣り、釣れないも釣り。
    毎回、大漁に釣れ過ぎたら飽きると思うよ。
    釣れないからこそ、次こそは・・・と思うのではないでしょうか?
    釣れたら、次も同様に・・・とディープな世界に引きずり込まれていくのですよ(笑)
    「バクチや女性や酒におぼれるよりは、釣りの方がずっとマシ」、これうちのオカンの言葉。ええこと言うわぁ~。

    返信削除
  2. 海や川・湖には、溺れないようにします。

    返信削除