2011年6月25日土曜日

ジギング&キャスティング結果(ポセイドン)

行ってきましたポセイドン@舞鶴

高速道路が有料になったので、神戸から吉川ICまで下道で行って、舞鶴西ICまで高速を使いました.(料金1,100円ETC土日半額)

捕まった後遺症のため、ゆっくりゆっくり行って2時間とちょっとでした.
安全面を考えると、布施畑ICから乗るのが一番良いかもしれません。

舞鶴に来たのは2回目で、1回目は20歳の時にバイクで北海道に行くために舞鶴から小樽までフェリーに乗った時以来です(ただし,フェリーは舞鶴東IC)。


釣果になかなか触れないのは、以下の理由によります。
【釣りはした、釣れなかっただけ】

無事に帰ったからよしとしよう。
(家に帰るまでが釣りです。)

初めて乗ったポセイドンは、とても快適でした.
なんとか最後まで釣らせてくれようとした古川キャプテン、中だるみの時間に、気を紛らわせてくれ、さらに、キャスティングのコツを伝授してくれたクルーのえっちゃん、そしてとても丁寧に対応してくれた氷屋さん

設備も、足の早い船、清潔なトイレ(ちょっと狭いが船なのでしょうがない・・・)、飴・水・カップラーメン・コーヒー・紅茶のサービス、といたれり尽せりです。

夏は、イカとか根魚とを狙うらしいので、またお邪魔したいと思います.


ローテーション

ジグザム:甚八ジグ120→ステイ130→サクリファイスベイト60

シーゲート:もらったジグ150(使用頻度低いなぁ)

スパイク:ドラドスライダーヒラマサチューン18F→ドラドポッパー

フラフラ:インチク→鯛ラバ

2011年6月20日月曜日

黒いの

今日もお仕事頑張ります。

2011年6月19日日曜日

うどんツアーでのの出来事

随分前ですが、
香川でよったうどん屋で、77,777km達成です。

まあ、記念ということで

GyoNetBlog ランキングバナー

2011年6月13日月曜日

小型船舶免許~結果発表

結果発表のときは、出張でしたので、会社の先輩とその話をしながら、会社の車を運転してました。このあとの、悲劇も知らず。

国道9号線を走行中、目の前に警備員が飛び出してきました.
余裕をもって停止し、ダンプカーでも出てくるのだろうと待っていると、こちらに入れと誘導します。
その時、やっと気づきました。警備員ではなく警官です。

運転歴15年にして、初めて捕まりました。(いままで、無事故無違反)

50km/hのところ71km/hです。(バネットなのによくスピードでたなー。今思うと、測定器怪しい)
あーあ、丹後でジギングの予算が、警察の予算になりました。
捕まえるなら、わしのバイクを盗んだ犯人にしてとか、
あと2キロまからんかとか、本当に50km/h規制かとか、、
色々言ってみたものの相手にされず・・・

とても、残念。
しかし、捕まっても、運がなかったとしか思えないような捕まえ方で、本当に防犯効果があるのだろうか?本当は、事故らない程度にスピード違反をして、反則金払ってもらったほうが良いと警察は考えているのではないでしょうか?

せめて、船舶免許は受かってとヤマハに電話すると、

”合格”

うれしー
久しぶりに聞きましたその言葉。救われました。
協力してくれた家族に感謝です。

2011年6月8日水曜日

小型船舶免許~試験

平日
会社を休んで試験を受けに行きます。

試験まで、協力してくれた奥様とお子様に感謝しつつ、西宮の試験会場まででかけました。



まず、身体検査です。
身体検査は、目の検査と呼ばれたときの反応で検査される簡単なものです。
この検査に3千円以上かかります。自分で病院に行き診断書をもらってくればOKなのですが、めんどくさいので、殆どの人がその場でうけていました。

次に筆記試験です。
2時間20分の長丁場ですが、1日書き続ける技術士に比べりゃどうって事ないです。
海図問題の回答が、4択と合わなかったため、最後まで残ってみました。
(試験管は、早く終わりたそうでしたが、、、)
筆記試験の回答は、すぐに貼り出されるので、自己採点します。
すると、

2問間違えた。。。

間違えたのは、
Q 免許の更新は、1年前から有効期限の直前までOKか?という問に対し
1年前はおぼえていたけど、、、、直前までOKかどうだったか?エーイ×だ。(答えは○)
もうひとつは、
Q グランドパッキンは”停泊時”にどれぐらい締めるか?
グランドパッキンは”航行中”に、水が少しづつ滴るように締める。(答えは、水が漏れないように)←停泊中なので当たり前、漏れたら沈んでしまう。

心配だった海図問題、は全問正解だったのでよしとしよう。

次に実技試験
人数が多いのでしばらく待ちます。
その間にどんどん緊張してきます。
ただ、試験の順番が2番目だったので、前の人のやり方をみて、実技講習を思い出します。

船尾の確認は、発進、後進、離岸 OK
変化するときは、前後左右の確認 OK
要救助者はぶつけるつもりで救助 ぶつけたのでNG(でも拾えた)
旋回すると、エンジンの回転数が下がって滑走状態解除 NG
着岸では、前進と後進を間違える(車と逆だから)NG
係留では、クリート止めを失敗NG

さてさて、受かるでしょうか?

2011年6月5日日曜日

小型船舶免許~実技講習

遠方より客人がある中 実技試験の講習に行ってきました。

実技の内容は、ムック本”今から取るボート免許”についていたDVDと同じです。

陸上での大まかな内容は、
・ロープワーク
・船体確認(係留状態とか、、
・エンジンの確認(エンジンオイルとか、、
・トラブルシューティング(油圧計とか、、

船上では、
・発進
・前進
・後進
・蛇行
・避航
・人命救助
・方角測定

それと、
解らん、離岸、着岸、係留

テキストと異なるのは、人命救助は、風下からではなく、風上から行ったほうが楽ということ。
これは、習っておいてよかった。

2011年6月1日水曜日

ドラッガーは野球のポジションではない。

もしドラの説明をテレビで見て

ドラッガーってなに?

(人の名前だよ)

野球のポジションであったよね。
似たような・・・何とかガーみたいな

(スラッガーのこと?)

そうそれ。やっぱりポジションじゃん

(!!スラッガーはポジションではない!!)