2011年3月30日水曜日

心よりお見舞い

地震が起こっても、仕事が忙しく、更新できませんでした.


被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。
又一日も早く復興されることお祈りいたします。

会社と仕事は地震の影響は全くなく、できることは、土日返上で工期と検査に間に合わせることでした。

作業中、パソコンのモニターを見ていると、めまいを感じました.小物も少し揺れているように感じました.しかし、まわりの人はまったく普通に仕事していました。神戸での揺れはこれぐらいです.気づかなかった人が多かったです.

今まで、幸いなことに大して大きな地震や災害を受けたことがありません。
一番揺れた地震は、大学院の修了式の日にうけた芸予地震でした。
他には、集中豪雨による土砂崩れぐらいです。

最近の自然災害としては、ゲリラ豪雨や新燃岳噴火などもあります。
現在の報道は地震の方に偏っていますが、忘れていません。ちゃんと気にしています。

今回の災害は、揺れによる被害よりも津波による被害が強烈です.そしてなによりも、被害が広範囲にわたり、復興には、多くの困難があると思います.でも、きっと乗り越えられると思います.

気がかりなのは、原発事故です.
原発は、電力の安定供給を望んだ人々が生み出したことになっています.
ということは、人災です。原発事故は、自らが招いた結果として深く受け止める必要があります.
問題は、原発事故により、電気をあまりつかっていなかった原発周辺の人々が被害を受け、本来震災復興に割り当てられるはずの人材、資材、予算が原発事故に当てられます.結果として、原発事故が震災復興を遅らせています.

今回の事故は想定外の事象(津波?震度?)が重なったため発生しためとなっています。
正確には、「想定はした。しかし、発生確率とその対策費用、耐用年数等を考えた場合、対策は不要であると判断した。」ではないかと思います.残念ながら、この判断は間違いでした.

原子力発電は様々な想定外があるように感じます.
ウランも石油と同じく限りがあることも想定外
高速増殖炉でナトリウム漏れが起こることも想定外
核廃棄物が発生することも想定外
事故が起こると電気代(と税金)が上がることも想定外
解体にお金がかかることも想定外
核廃棄物を受け入れる自治体がいないことも想定外
事故で水道水が汚染されることも想定外
様々な風評被害も想定外

特に、核廃棄物に関して、処理方法が決まっていないのに世界中で原子力発電が行われています.海に捨てれば、菌が分解してくれるとでもおもっているのでしょうか?

センサーのアラームが鳴り響く中、落ち着いて正確な作業ができるのか?想像を絶する作業環境です.
現地で作業をされている方々には本当に頭が下がります.